現金化業者の換金率が下がる理由とは?

現金化業者の換金率が下がる理由とは?

 

現金化を利用した事がある方は、知っているかと思います。
現金化業者がサイトに表記してある換金率よりも、低い換金率で現金化されてしまうという経験があるのではないでしょうか?

 

たしかに、換金率は下がる物と言われているように現金化を行う際にサイトに表記されている換金率が下がってしまうという事は珍しくありません。
では、なぜクレジットカード現金化を行う時に換金率は下がってしまうのでしょうか?

 

多くの方々は現金化業者が儲けを出す為に行っている、と考えているかもしれません。

 

しかし、じつはこの換金率問題にはしっかりとした理由が存在していたのです。
ではその理由をご説明させていただきます。

 

換金率が下がる理由は?

換金率が下がる理由は?

 

簡単にお答えすると換金率が下がる理由はクレジットカード現金化を行った際に発生する消費税と手数料が問題なのです。

 

手数料は『クレジットカード現金化』という行為を行った事に対する料金です。

 

対して、消費税は商品を購入した時に発生する国から定められた税金となります。
この2つについて詳しくご説明させていただこうと思います。

 

手数料

 

どのようなサービスを行う上でもこの手数料というのは必要になりますよね?
それが専門的な知識が必要になるものでも手数料を取られます。

 

例えば、自転車屋でタイヤの空気を入れる時に20円や10円取られる場合がたまにあります。
自転車のタイヤの空気なんかは空気入れさえ借りれれば自分で出来ますが、お金を取る自転車屋は店主がわざわざ空気を入れてくれます。

 

ここで取られる20円も一種の手数料と言えるでしょう。

 

更に有名な手数料は不動産会社で部屋を借りた時によく聞く『仲介手数料』という言葉です。
この手数料は恐らく1位、2位を争う程の高い手数料となっているのです。

 

仲介手数料の相場は家賃の50%〜100%分となっている為、家賃10万円の家を借りた場合5万円〜10万円の仲介手数料が発生するという事になります。

 

当然、仲介手数料なので0%にする事も可能です。
しかし、この手数料が不動産会社の利益になるので知り合いでもない限りそこまで仲介手数料を引く事は出来ません。

 

勿論、クレジットカード現金化業者も同じで、手数料が現金化業者の利益となるのでそう簡単には手数料を下げる事は出来ません。
その為、換金率が下がってしまう、という訳なのです。

 

消費税

 

こちらの消費税に関しては、クレジットカード現金化サービスに関係なさそうに見えますよね?
しかし、実はしっかりと関係のある物だったりするのです。

 

クレジットカード現金化にはキャッシュバック方式、という現金化方法が存在していますがこのキャッシュバック方式は、クレジットカード現金化業者から商品を購入する事で現金化を行う事ができる方法になります。

 

その為、商品を購入するという行為が含まれるので当然、消費税が発生してしまうのです。

 

商品買取方式

 

では、現金化利用者から商品を購入する際には業者側が『買取り』なので消費税は発生しないのではないか?と思う方も多いかもしれません。

 

しかし、商品の売買を行う相手が事業者だった場合、消費税は発生してしまうのです。
その消費税は商品を売るという行為でも発生するのでどちらにせよ掛かる税率という事になるのです。

 

現金化業者の換金率は手数料と消費税に関係している

現金化業者の換金率は手数料と消費税に関係している

 

以上の結果から現金化業者の換金率が下がる理由が解かっていただけたかと思います。
現金化業者の換金率の上下は手数料と消費税に大きく関係している事で間違いはありません。

 

では、換金率の高い現金化業者は何故換金率が高いのでしょうか?
手数料を他の現金化業者よりも抑えている業者だから、というのが一番の理由と言えます。
現金化業者が換金率を上げる為には手数料を下げる必要性がある為、現金化業者としてもあまり行いたく無い方法なのです。

 

その為、換金率の高い現金化業者が優良業者と言われているのです。
現金化業者を見つける際には、換金率の高い現金化業者を利用するようにしましょう。

 

優良業者ランキングはこちら

最新更新日2017/3/13